求人

サイトマップ

ネット応募に対応した求人が増えている

クラウドサービスを用いて勤怠管理を行う会社が多くなっている今日、求人もネット社会に対応する動きが加速しています。従来はフリーペーパーなどに求人情報を掲載しておき、そこに明記されている番号に求職者が電話をかける方式が一般的でした。最近でも根強く残っている応募スタイルである一方、ネット応募できる求人も多く見かけるようになりました。正社員やバイトなどの求人が企業の公式サイトに掲載されていることがしばしばあり、その中から興味を持ったものに応募できます。ほとんどの場合で、求職者の個人情報や志望動機などを入力するフォームに内容を入力する必要があります。
ネット応募することを認めている企業でも、実際は電話してきた求職者を優遇するところは少なくありません。たとえば、接客業など声を出す頻度が高い仕事が当てはまります。業務上の話し方は面接で明らかになりますが、意識の問題が大きいです。接客業に挑戦したいにもかかわらず口述ではなくネット応募を選択するということは、自分自身の声や話し方に自信が持てていないのだと判断されてしまいます。応募先の仕事内容に応じて電話かネットの応募方法を使い分けるようにすれば、業務に適した人材であることを強調できます。

春になると結局、求人情報を探してきた私

私は、要領の悪いところがあり、仕事が決まって、新しい職場の雰囲気に慣れるまでひと苦労した後、辛いことや、理不尽だな、と思う事をぐっと飲んで我慢するので、我慢が重なり最後には退職に至るというパターンを繰り返してきました。 そんな繰り返しに疲れてきて、もう履歴書を書くという行為も、これから起こる事が見えているので、億劫になってきています。 昨年も初冬に退職して冬は休んでいました。…

正社員の採用試験で大事な書類選考

正社員の求人に応募すると、まずは書類選考がある企業が多いです。書類選考をして、企業側が良いと思った人だけ面接などの次の採用試験が行われるという感じです。 そういう企業に応募する時には、書類選考をなるべく通過できるように努力していく必要があります。そこで大事なのが履歴書の書き方になってきます。 まずは、丁寧にブロック体で文字を書くことです。文字を崩さずに記載して、誰がみても綺麗…

TOP