消費者の経済行動が、求職者側と求人側のズレを生んでいると思います

new posts

  • 正社員の採用試験で大事な書類選考

    正社員の求人に応募すると、まずは書類選考がある企業が多いです。書類選考をして、企業側が良い…

    » view detail

  • 求人に応募する時はなるべく電話した方が良いです

    求人に応募する時ですけど、最近はネットからも応募する事ができる求人も多くなっています。企業…

    » view detail

  • ネット応募に対応した求人が増えている

    クラウドサービスを用いて勤怠管理を行う会社が多くなっている今日、求人もネット社会に対応する…

    » view detail

ネット応募に対応した求人が増えている

クラウドサービスを用いて勤怠管理を行う会社が多くなっている今日、求人もネット社会に対応する動きが加速しています。従来はフリーペーパーなどに求人情報を掲載しておき、そこに明記されている番号に求職者が電話をかける方式が一般的でした。最近でも根強く残っている応募スタイルである一方、ネット応募できる求人も多く見かけるようになりました。正社員やバイトなどの求人が企業の公式サイトに掲載されていることがしばしばあり、その中から興味を持ったものに応募できます。ほとんどの場合で、求職者の個人情報や志望動機などを入力するフォームに内容を入力する必要があります。
ネット応募することを認めている企業でも、実際は電話してきた求職者を優遇するところは少なくありません。たとえば、接客業など声を出す頻度が高い仕事が当てはまります。業務上の話し方は面接で明らかになりますが、意識の問題が大きいです。接客業に挑戦したいにもかかわらず口述ではなくネット応募を選択するということは、自分自身の声や話し方に自信が持てていないのだと判断されてしまいます。応募先の仕事内容に応じて電話かネットの応募方法を使い分けるようにすれば、業務に適した人材であることを強調できます。